HOME > 2007年12月12日(水) 衆議院 厚生労働委員会にて質疑

トピックス

2007.12.12|未分類

2007年12月12日(水) 衆議院 厚生労働委員会にて質疑

本日は、衆議院厚生労働委員会が開催され、年金記録問題について質疑をしました。
 ながつま昭の質問により、政府は、来年度、国民年金3300万件分の紙台帳とコンピューターデータの照合を計画していることが明らかになりました。
 社保庁が問題解決のために応援要請している人員が、他省庁3名、民間11名の計14名のみであることも判明しました。
 問題解決のためには、厚生年金も含め、全国すべての紙台帳とコンピュータデータを照合しなければなりません。これは国家プロジェクトとして国を挙げ、期限を設定して取り組むことが必要です。しかし、照合スケジュールも体制も政府は約束しません。
 責任追及も不十分です。せめて、紙台帳の廃棄命令を出した際の社保庁幹部に、廃棄命令を出した経緯を聞く必要があります。
 ながつま昭は、当時の幹部の参考人招致を強く要請しました。

ブロードバンド
ナローバンド

速記録




 | 

instagram

SNS

sns sns sns

PRコンテンツ

個人献金のお願い 若き政治家志望者出でよ!! 学生インターン募集 情報募集
TOP

検索

メインメニュー

活動情報

SNS