民主党時代の社会保障

民主党時代の社会保障

都内の保育園を訪問

厚労大臣時代、都内の保育園を訪問させて頂きました。

消えた年金1300万人、1兆6000億円回復(一人複数の記録を回復したケースもあります。)

医療崩壊に歯止めをかける

診療報酬を10年ぶりにトータルでプラスして、救急・外科・産科・小児科に手厚く配分医学部定員も437人増加させました(平成22年以降)。

高校授業料無償化スタート

親の年収による学歴格差を是正するために、公立高校では授業料無償化、私立高校では授業料の一定額助成制度をスタートさせました。

中学生への手当 0円から1万円

これまで支給が無かった中学生にも手当月額1万円を支給しました。

保育サービスの定員を年間2万人増から5万人増へ

平成22年から毎年5万人増の5か年計画スタートさせました。

非正規221万人が新たに失業保険に加入実現

生活保護の手前の第二のセーフティーネットを実現させました。

求職支援制度開始(平成23年10月)

失業保険が切れ、生活費が無い方を審査して、無料の職業訓練の受講を条件に生活費を支給しました。

失業者の国保保険料をおおむね半減に軽減

サービス付き高齢者住宅スタート(平成23年10月)5万戸達成

安否確認・生活相談付き、バリアフリーの賃貸住宅を開始しました。

24時間巡回型訪問看護・介護サービス開始(平成24年4月)

自宅に居ながら夜中でも看護・介護を受けることができるようになりました。

非正規雇用者、新たに厚生年金に25万人が加入可能に(消費税増税時)

低年金低所得の年金受給者500万人に年金最大年6万円上乗せ 年金格差対策(消費税増税時)

低所得の障害年金受給者180万人に年金年6万円〜7.5万円上乗せ(消費税増税時)

低所得者400万人の国保保険料軽減(消費税増税時)