日々の活動

2012年09月12日

【首相への提言】野田首相に提言『すべての人が活きる社会〜格差が小さい生活者主権の国〜』を提出

2012年9月12日、ながつま昭は、民主党の有志の議員11人とともに、提言『すべての人が活(い)きる社会〜格差が小さい生活者主権の国〜』(賛同議員25人)を野田佳彦総理に提出しました。
我々は、政権交代の原点が薄れ、民主党の立ち位置が不明確になっている、という強い強い危機感を持っています。
野田総理に、この提言に基づいて、民主党の本来の立ち位置を、もう一度、原点から発信・実行することを強く要請し、提言を申し入れました。
特に首相の発信が弱いと感じる社会保障、政治・行政改革等について提言致しました。
内容については、下記にアップしておりますので、ご一読いただいた上で、ご意見をメールなどでいただければ幸いです。

【リンク】

1.提言の趣旨
2.提言『すべての人が活きる社会〜格差が小さい生活者主権の国〜』
(別紙1)社会保障給付費の国際比較(OECD)
(別紙2)高齢化率と社会保障の給付規模の国際比較
(別紙3)脱原発が問いかける将来の暮らし これからの「豊かさ」とはなにか.pdf